カテゴリー別アーカイブ: 出荷・売上計上

出荷・売上計上

 

■画面 【出荷指示書】

出荷指示書の例です。各社異なると思います。受注をまとめて出荷単位を作成します。その出荷単位で指示書を出力します。

出荷指示書(帳票)

【出荷指示・出荷・売上一覧】

本画面は、出荷指示、出荷、売上計上を行なう画面を共通化しています。ここでは、売上計上に絞り、画面説明を行ないます。
売上予定一覧

【売上計上基本部】

出荷が終了しましたら、売上計上します。売上計上は、出荷ベース、納品ベース、検収ベースの任意方式で行なえます。本画面は、得意先(正確には出荷ごとに)ごとに伝票表示をします。

売上予定基本

【売上計上明細部】

基本部に表示された明細の内容を表示します。項目が多く、複雑に見えますが、不要であれば非表示としたり、初期値入力などで対応できます。

売上計上

■概要  受注から、引当て、出荷指示を経て、出荷、売上計上を行なう画面です。
■ 内容説明 【項目説明】
【売上計上明細部】の通り、多くの項目を持っています。必要な情報はひと通りあると思います。「納品日」「検収日」「売上計上区分(出荷、納品、検収基準かの選択)」「売上計上日」がポイントになります。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
引当て、出荷指示、出荷、売上計上の流れに於いて、これだけの項目を持っていても、適用の際には必ず、カスタマイズが発生します。

 

-->

売上一覧(請求前確認)

 

■画面 【一般売上一覧】売上が確定されたデータを明細単位に表示します。この段階から月次請求書が作成されることになりますが、その前に、都度請求、納品書出力、売上原価の変更など、会社によって個々のご要求があります。売上一覧

【一般売上確認】

緑色のフィールドが、変更可能としています。金額の部分は、赤黒データで処理する必要がありますが、緑色の項目は、上書き変更でも可としています。請求前の変更箇所は各社、異なると思われます。

売上確認

■概要  売上計上(確定)された明細データの確認、納品書などの出力を行なう画面です。「オンネット統合業務」は、引当、出荷、売上計上の流れで処理することもできますが、受注から即、売上転写することも可能です。その場合は、受注画面と本画面で業務を行なうことになります。月次請求処理する前に、売上を確認する目的で、本機能が存在しています。
■ 内容説明 画面のとおりです。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
請求前に、金額以外で変更したい項目はあるかと思います。この項目は各社異なります。また、納品書、都度請求のフォーマット、集計単位も各社異なります。

 

-->

納品書(帳票)

 

■画面 【納品書】

本画面から納品書を出力できます。納品書出荷時の場合もあるかと思います。3連で出力していまして、例えば、請求書と同時に出力することも可能です。厄介なのは、納品単位は、受注単位にならないこともあり、一連画面で該当明細を選択し、出力出来るようになっています。

納品書(帳票)

 

■概要 納品書の出力を行ないます。
■ 内容説明 帳票のとおりですが、納品書のフォーマットは各社、異なると思います。
■ 特記事項 納品書の出力単位は受注伝票単位でない場合があります(納品場所が異なる場合など)。またフォーマットも各社異なります。

 

-->