カテゴリー別アーカイブ: 販売管理

受注画面

画面紹介

■画面 【一般受注画面】

一般受注画面

■概要  【一般とは】
受注画面の説明ですが、その前に「一般」と付けられている点について説明します。理由は、POSレジ画面と区別するためです。当社のPOSレジは高機能で、レジでありながら受注状態も管理できる様になっています。それでは、通常販売管理の受注なのか、POSレジ受注なのか分かりづらくなっていまします。通常販売管理の受注を受注と呼んでいます。
【概要】
「見積もり>受注>出荷>売上>債権管理」の流れの中での受注です。一般的な販売管理ですと見積り・受注から、売上転記ということになっていますが、「オンネット販売」では、受注から出荷を経て、売上計上する仕組みとなっています。ただ、これまでの導入例ですと受注と売上が同時という単純ケースが多いのも事実です。しかしながら単純ケースのみですと複雑な流れに対応できませんので、一通りの流れは持っているのです。
■ 内容説明 【項目説明】
一通りの項目は持っていると思います。項目の括りとしては、「得意先情報」「納入情報」「商品情報」「受注数量・金額」となります。特徴として商品ごとにリンクNOを持っています。通常はここにロットNOやシリアルNOが入ります。しかし、それ以外の情報もあります(相手先の指定NOとか)。特定できないのでリンクNOと呼んでいます。
【多彩な流れに対応】
画面右下にボタンが複数個あります。①「即出荷」②「即売上」③「自動引当」④「引当無し確定」です。不要なボタンは非表示で利用します。①は、受注と出荷までが同時の場合(売上計上は別途)、②は受注即売上の場合です。一般的な販売管理の転写機能です、③受注数量から在庫引当てまでを行なう場合、④は確定後、複雑引当てを行なう場合です。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
これだけの項目、受注から売上までの流れを管理していると、「本パッケージで直ぐに作業に適用できる」と思われる方が多いです。しかし、そんなことはありません。大抵の場合、会社ごとに流れと、管理項目は異なります。当社は「そのまま使って!」と希望していますが、難しいのが実情です。カスタマイズで対応しています。

 

-->

見積もり登録

 

■画面 【見積書一覧】

登録された見積もりの一覧を表示します。

見積り一覧

【見積書基本部】

見積書の基本部(ヘッダー部)です。承認機能、受注接続などの機能があります。

見積り基本

 

 

【見積書明細部】

基本部の下に表示される明細部の入力欄です。空白行や自由コメントが表中(明細行)に入力できます。

見積り明細

 

【原価明細】

見積もり時に、原価を入力し、利益率を明確にした上で、承認を得る場合があります。本見積もりでは、明細単位に複数の原価を入力することができます。

見積り原価

■概要  非常に高機能な「見積もり」です。相手側に提出する情報だけでなく見積もり原価を登録することで、受注可否判断が可能となります(利益率管理)。
■ 内容説明 以下の特徴があります。

  • 商品CD、得意先CDなどと連携した厳密入力と自由入力の両方が可能です。
  • 見積もりは、受注接続できます。
  • 承認機能があります。
  • 見積もりの開示、非表示が設定できます。
  • 見積もり明細には、自由な文言を挿入することができます(金額と関連しない注意書きなど)。
  • 承認印を出力できます。
  • 1明細に複数の原価設定ができます。
  • 見積もりの再提出履歴が追えます。
■ 特記事項 凡その機能は保持していますが、承認フローの複雑化などカスタマイズは可能です。

 

-->

見積書(帳票)

 

■画面 【見積書】見積書(帳票)
■概要  見積書です。
■ 内容説明 掲載のとおりです。
■ 特記事項 見積書の様式は会社ごとに異なります。

 

-->

POSレジ、POS売上伝票一覧表(帳票)

画面紹介

■画面 【POSレジの考え方】オンネット統合業務には、一般受注とPOS受注があります。両者のマスタ(商品、顧客など)は統一されています。前者は、受注>出荷>売上が同時期に行なわれない場合に利用し、POS受注は、商品引渡しと代金回収が同時期に行なう場合に利用します。説明では、POS受注としています。「POS売上ではないか」の質問もあるかと思いますが、これまで経験したPOSレジ業務は一般のイメージとは異なり、受注段階があり売掛業務との連動要請が多くありました。当社のPOSレジはこのような複雑処理にも対応可能となっています。

【POSレジ伝票一覧】

レシート単位に一覧を表示します。過去受注、売上を検索表示します。

POS受注売上一覧

【POS画面】

POS画面です。複雑ですが不要項目を削除すればシンプルになります。バーコードスキャナー、レシートプリンタを接続して利用します。

POS

【POS売上伝票一覧表】

POS売上の一覧表を出力します。

POS売上伝票一覧

 

■概要  【概要】
POSレジ機能は一般的には、商品渡しと代金回収を同時期に行なう場合に利用します。当社のPOSレジはその機能に加えて、売掛販売なども可能になっています。
■ 内容説明 当社のPOSレジはスーパーなどのPOSレジを想定しているわけではありません。得意先管理をしながら、売掛管理などの連動が必要な業種を想定しています。これまで、ペット用品販売、贈答品(加工後渡し)、スキューバダイビング用品販売などに利用されています。ポイント管理、得意先別価格設定、見積書・納品書発行などが行なえます。値引きも明細値引き、全体値引きに対応可能です。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
ポイント付与方法、レジ小口入金対応、画面デザイン、文字の大きさ、表示/非表示項目など必ずカスタマイズ要請があります。ただ、画面の絵の調整なので柔軟に対応できます。

 

-->

受注日計表(売上日計表)

画面紹介

■画面 【売上(受注)日計表画面】
売上日計表
■概要  【売上(受注)日計表】
受注画面で登録した受注データを一覧の形で画面表示します。ですので、画面名は受注日計表が本来であると思います。ただ、受注即売上の会社も多く、受注入力した段階で売上としたい会社も多くあるため売上日計表と呼んでいます。画面名の変更は可能です。【概要】
受注登録されれたデータを日付ごとに明細単位で表示します。
■ 内容説明 【項目説明】
受注項目ですので、項目名を見ていただければ、理解可能かと思います。これまでのご要望を聞いていますので、画面は少々、複雑です。
帳票も同じ内容で出力しています。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
これだけの項目が表示されていると、「これで大丈夫」と思いがちですが、これまでの導入企業はすべて、出力項目の変更要請がありました。

 

-->

売上日計表(帳票)

画面紹介

■帳票 【売上(受注)日計表】売上日計表_帳票
■概要  【売上(受注)日計表】
受注画面で登録した受注データを一覧の形で画面表示します。ですので、画面名は受注日計表が本来であると思います。ただ、受注即売上の会社も多く、受注入力した段階で売上としたい会社も多くあるため売上日計表と呼んでいます。画面名の変更は可能です。【概要】
受注登録されれたデータを日付ごとに明細単位で表示します。
■ 内容説明 【項目説明】
受注項目ですので、項目名を見ていただければ、理解可能かと思います。これまでのご要望を聞いていますので、画面は少々、複雑です。
帳票も同じ内容で出力しています。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
これだけの項目が表示されていると、「これで大丈夫」と思いがちですが、これまでの導入企業はすべて、出力項目の変更要請がありました。

 

-->

出荷・売上計上

 

■画面 【出荷指示書】

出荷指示書の例です。各社異なると思います。受注をまとめて出荷単位を作成します。その出荷単位で指示書を出力します。

出荷指示書(帳票)

【出荷指示・出荷・売上一覧】

本画面は、出荷指示、出荷、売上計上を行なう画面を共通化しています。ここでは、売上計上に絞り、画面説明を行ないます。
売上予定一覧

【売上計上基本部】

出荷が終了しましたら、売上計上します。売上計上は、出荷ベース、納品ベース、検収ベースの任意方式で行なえます。本画面は、得意先(正確には出荷ごとに)ごとに伝票表示をします。

売上予定基本

【売上計上明細部】

基本部に表示された明細の内容を表示します。項目が多く、複雑に見えますが、不要であれば非表示としたり、初期値入力などで対応できます。

売上計上

■概要  受注から、引当て、出荷指示を経て、出荷、売上計上を行なう画面です。
■ 内容説明 【項目説明】
【売上計上明細部】の通り、多くの項目を持っています。必要な情報はひと通りあると思います。「納品日」「検収日」「売上計上区分(出荷、納品、検収基準かの選択)」「売上計上日」がポイントになります。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
引当て、出荷指示、出荷、売上計上の流れに於いて、これだけの項目を持っていても、適用の際には必ず、カスタマイズが発生します。

 

-->

売上一覧(請求前確認)

 

■画面 【一般売上一覧】売上が確定されたデータを明細単位に表示します。この段階から月次請求書が作成されることになりますが、その前に、都度請求、納品書出力、売上原価の変更など、会社によって個々のご要求があります。売上一覧

【一般売上確認】

緑色のフィールドが、変更可能としています。金額の部分は、赤黒データで処理する必要がありますが、緑色の項目は、上書き変更でも可としています。請求前の変更箇所は各社、異なると思われます。

売上確認

■概要  売上計上(確定)された明細データの確認、納品書などの出力を行なう画面です。「オンネット統合業務」は、引当、出荷、売上計上の流れで処理することもできますが、受注から即、売上転写することも可能です。その場合は、受注画面と本画面で業務を行なうことになります。月次請求処理する前に、売上を確認する目的で、本機能が存在しています。
■ 内容説明 画面のとおりです。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
請求前に、金額以外で変更したい項目はあるかと思います。この項目は各社異なります。また、納品書、都度請求のフォーマット、集計単位も各社異なります。

 

-->

請求処理

 

■画面 【請求書データ作成】

売上計上された明細データに対して、締め日に従って請求書データを作成します。この処理が各社異なります。例えば、「担当者ごとに出力したい」「得意先を選択して出力したい」などです。本画面では、締め日ごと、得意先ごとには対応しています。

請求書作成

【請求書出力(指示)】

請求書データが作成されたら、請求書出力となります。請求書出力は、通常印刷のほかに、再印刷などの機能も必要になります。下記の画面では赤表示されていますが、これは出力済みを表しています。

請求書出力

【請求書】

請求書の例です。請求書も各社異なります。以下の例では、受注NO単位に小計も出るようになっています。月次請求では、繰越情報も表示する様になっています。都度請求も可能ですが、その際には繰越情報は出力できません。

請求書(帳票)

 

 

■概要  売上確定された明細データを集約(締日ごと、得意先ごと)して請求書を出力します。
■ 内容説明 画面のとおりです。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
売上確定データから請求書出力する処理は、どこも同じと思われがちです。弊社もそう思っていましが、実に色んなカスタマイズ要請があります。ただ、データ項目は、揃っていると思われますので、カスタマイズは行なえます。

 

-->

納品書(帳票)

 

■画面 【納品書】

本画面から納品書を出力できます。納品書出荷時の場合もあるかと思います。3連で出力していまして、例えば、請求書と同時に出力することも可能です。厄介なのは、納品単位は、受注単位にならないこともあり、一連画面で該当明細を選択し、出力出来るようになっています。

納品書(帳票)

 

■概要 納品書の出力を行ないます。
■ 内容説明 帳票のとおりですが、納品書のフォーマットは各社、異なると思います。
■ 特記事項 納品書の出力単位は受注伝票単位でない場合があります(納品場所が異なる場合など)。またフォーマットも各社異なります。

 

-->