カテゴリー別アーカイブ: 在庫管理

入出庫伝票

 

■画面 【入出庫伝票一覧】

入出庫伝票の一覧が表示されます。過去伝票が検索できます。

入出庫一覧

【入出庫伝票基本】入出庫伝票の基本部が表示されます。入庫と出庫を入出庫区分を選択することにより区別しています。また、伝票入力種類により伝票を区別できます。例えば、購買システムから接続されたもの、棚卸しでの補正伝票などです。

入出庫伝票基本

【入出庫伝票明細】

基本部下段の表に表示された明細部の詳細です。2015年9月現在、棚番管理、荷姿入力、製造番号(ロット番号)、有効期限(賞味期限など)を追加しました。これらの項目の要、不要は商品マスタで制御できます。

入出庫伝票明細

 

■概要  在庫管理の元になる、入出庫伝票の画面です。
■ 内容説明 入出庫画面を示していますが、実際には売上データ、購買データ、棚卸しデータなどと連動しています。これら連動したデータもここで確認することができます。多くのデータは自動作成されますが、どうしても手作業入力が残ります。その場合に本画面を利用します。ハンディターミナル連動も実施していますが、機種更新が多く、その影響を受けます。しかし、WindowsCE機、Windows8タブレット利用などで、プログラム変更の影響を最小化しています。
■ 特記事項 カスタマイズの必要性はあります。ロット管理、賞味期限管理、入庫シール出力、ロケーション管理の必要性などです。また、入出庫予定データとの連携もあります。これらは企業ごとにことなります。仕入れ返品、売上返品をどう扱うかも確認する必要があります。これらの項目についての標準的な扱いは実装しています。

 

-->

入出庫予定伝票

画面紹介

■画面 【入出庫予定一覧】

入出庫予定一覧

【入出庫予定明細】

入出庫予定明細

■概要 入出庫予定データを画面登録するための画面です。通常は、受注、購買からの予定データが有効在庫として関連付けされますが、手動による伝票入力の可能性もあるので、設けています。
■ 内容説明  通常の伝票とは異なり、品目明細単位で入力します(ヘッダーに複数明細のタイプではない)。
■ 特記事項  項目は、詳細に設けていますので、カスタマイズがあるとすれば、表示レイアウト変更程度と考えています。

 

-->

在庫場所振替

 

■画面 【在庫場所振替】

在庫場所間の振替を行ないます。画面登録すると出庫伝票と入庫伝票が自動的に作成されます。

在庫場所間振替

■概要  在庫場所間振替を行い出庫伝票、入庫伝票を作成します。
■ 内容説明 標準では、出庫データと入庫データを同一日で作成します。
■ 特記事項 出庫と入庫日を出庫後、積送を経て入庫する場合もあります。柔軟にカスタマイズ可能です。ハンディターミナルの利用も考えられます。例えば、催事販売などで一度に多くの在庫場所振替が必要になる場合などです(実績がございます)。

 

-->

セット商品振替

 

■画面 【セット商品検索】

セット商品は商品マスタで設定します。本画面は、そこで設定した商品を検索し、一覧表示します。

セット商品検索

【セット商品】

選択されたセット商品を構成する単独商品を本画面で登録します(セット商品の作成)。反対にセット商品を単独商品に戻すこともできます(セット商品の分解)。

セット商品振替

 

■概要  セット商品の作成、分解を行ないます。
■ 内容説明 セット商品とは、一つの商品が複数の商品で構成されることを指します。例えば「お中元セット」がビール3本、おつまみ1個、コーヒー3本で構成されている場合です。本画面操作で入出庫伝票が作成されます。
■ 特記事項 カスタマイズは経験していませんが、項目の追加要請はあると思います。

 

-->

入出庫実績(帳票)

 

■画面 【入出庫実績一覧表】

入出庫の実績を一覧表示します。

 

入出庫実績一覧表

 

■概要  入出庫の実績データから帳票を作成します。
■ 内容説明 帳票イメージのとおり
■ 特記事項 出力項目は、導入企業ごとに異なります。画面でも確認出来ますので、必要性はあるかと思います。

 

-->

在庫表示(伝票単位)

 

■画面 【在庫表示一覧】在庫は、会計年月ごとに表示されます。月次で締められた在庫は確定在庫で現在の在庫は速報版で表示されます。

在庫表示一覧

【商品受払】

商品としていますが、在庫品であれば管理対象とすることができます。一覧から遷移すると在庫変動のデータが時系列に表示されます。

商品受払

 

■概要  入出庫の実績データから在庫を表示します。
■ 内容説明 在庫は販売、購買から自動連動されるもの、および手動で伝票起票するものがあります。これらのデータから在庫の実績表示をします。
■ 特記事項 現在、実績データの表示ですが、出庫予定、入庫予定の表示機能も拡充中です。ただ、引当方法、出庫指示情報などの手順が各社異なり、カスタマイズ対応が現実的とも思えます。ロケーション表示、ロット番号追跡機能も業種によっては、表示の必要性があります。

 

-->

在庫表示(品目明細単位)

 

■画面 【入出庫明細一覧】

入出庫明細一覧

 

 

■概要 入出庫伝票(あるいは、販売、購買機能)から入力された入出庫データを伝票単位ではなく、明細単位に表示します。
■ 内容説明 伝票単位のデータを明細単位(品目単位)に分解し、一覧表示させています。目的は製造番号(ロットや個別番号)や有効期限(賞味期限)で追跡したいなどの要請があるためです。
■ 特記事項

 

-->

有効(将来)在庫

 

■画面 【有効在庫確認】実在庫(月次締)に対して、将来の受注出荷、発注入荷などを加味して将来在庫を表示します。

有効在庫確認

 

 

■概要 「オンネット統合業務」は、受注、購買機能、入出庫予定伝票と密接に関連づいています。それにより、将来在庫を表示することが可能になっています。
■ 内容説明   実在庫(月次締)に対して、将来の受注出荷、発注入荷、入出庫予定伝票などを加味して将来在庫を表示します。
■ 特記事項  将来在庫表示は、各社、異なる要求があるかも知れません。ただ、表示するための元データは、DBに存在していますので、あらゆるご要求に応じることができます。

 

-->

棚卸作業手順

 

■画面 【棚卸作業】本画面の手順で棚卸しを行ないます。

①から順に進めていけば棚卸し作業が実施できます。

棚卸作業

 

■概要  棚卸作業全体の流れを画面に示しています。
■ 内容説明 まず、システムから理論在庫を求め、実地棚卸しから、差異を求め、差異がある場合は、入出庫伝票を作成し、補正します。一連の作業を本画面でコントロールします。
■ 特記事項 棚卸しの手順は各社、ほぼ同じと考えますが、まず、棚卸し作業の単位(例えば、場所ごと、担当者ごと、商品分類ごとなど)が異なります。また棚卸しをしなかった商品の数量をゼロにするか、理論在庫のままにするかも異なります。ハンディターミナルの利用についても考慮する必要があります。

 

-->

理論在庫棚卸表(帳票)

 

■画面 【棚卸計画作成】棚卸計画表を作成します。在庫場所、棚番、商品分類で絞れます

棚卸計画作成

【棚卸計画表】システムで管理している在庫を理論在庫とし、棚卸計画表を作成します。この棚卸計画表に実在庫を記入します。実際にはハンディターミナルなどを利用します。在庫場所、棚番、製造番号(ロット)ごとに棚卸しします。棚卸計画表(理論在庫)

 

 

■概要 作業に先立ち、理論在庫である 棚卸計画表を作成します。
■ 内容説明 直近の月次在庫に対し、棚卸し日までの在庫変動を加味して棚卸表を作成します。棚卸表には、NOが付けられます。そのNO単位に実在庫を結びつけ差異を確認する作業となります。ここでは帳票を示していますが、CSVにも出力可能ですので、エクセルで微調整することもできますし、ハンディターミナルに対し、データ連携できます。
■ 特記事項 棚卸し表の出力範囲は、置場別、担当者別、商品分類別など各社マチマチです。出力範囲は微調整する必要があります。

 

-->