購買発注データ作成

 

■画面 【発注一覧】
本画面は、起票した発注伝票の一覧です。購買業務は発注から始まります。発注伝票の一覧が表示されます。発注伝票は、「発注データ作成」「発注」「受領」「検収」と状態が変化しますが、その変化も追跡可能です。発注一覧

【発注基本】

以下の画面は、発注伝票のヘッダー情報です。項目が多く、驚かれると思いますが、東証2部上場企業に適用した経緯があり、その経験に基づいています。不要部分は初期値、非表示で対応可能と思います。

発注基本

【発注明細】

基本部の明細行(上の画面では2行)を編集する画面です。本画面で購入単価が決定されますが、①契約によって決まる、②その都度、決まる、③前回単価で決まる、などで決定されます。

発注明細

 

 

■概要  購買の発注伝票の起票機能です。購買業務のシステム化は非常に省力化できます。
■ 内容説明 契約に基づく繰返し購買、都度購買に対応可能です。また、承認機能を実装していますので、内部統制においても配慮しています。
■ 特記事項 仕入れ商品、原材料購買などに対応可能です。しかし両者は、別のマスタで管理する場合もあれば、分離する必要もあります。購入するモノについて各社異なりますので対応する必要があります。

 

-->