請求処理

 

■画面 【請求書データ作成】

売上計上された明細データに対して、締め日に従って請求書データを作成します。この処理が各社異なります。例えば、「担当者ごとに出力したい」「得意先を選択して出力したい」などです。本画面では、締め日ごと、得意先ごとには対応しています。

請求書作成

【請求書出力(指示)】

請求書データが作成されたら、請求書出力となります。請求書出力は、通常印刷のほかに、再印刷などの機能も必要になります。下記の画面では赤表示されていますが、これは出力済みを表しています。

請求書出力

【請求書】

請求書の例です。請求書も各社異なります。以下の例では、受注NO単位に小計も出るようになっています。月次請求では、繰越情報も表示する様になっています。都度請求も可能ですが、その際には繰越情報は出力できません。

請求書(帳票)

 

 

■概要  売上確定された明細データを集約(締日ごと、得意先ごと)して請求書を出力します。
■ 内容説明 画面のとおりです。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
売上確定データから請求書出力する処理は、どこも同じと思われがちです。弊社もそう思っていましが、実に色んなカスタマイズ要請があります。ただ、データ項目は、揃っていると思われますので、カスタマイズは行なえます。

 

-->