発注処理、発注書(帳票)、請け登録

 

■画面 【発注書印刷】

発注伝票を登録し、承認されると発注書を印刷します。本画面は、発注書を印刷を指示する画面です。

発注書印刷

【発注書】

(帳票)発注書のイメージです。各社異なると思います。カスタマイズとなりますが、自動FAX、メール発信なども行なえます。郵送などの手間が省け、業務効率が向上します。

発注書(帳票)

【請け登録】

請け登録機能の存在は、珍しいかも知れません。発注し、相手が請けてくれたかを認識することは重要です。後になって、最初から無理な納期だったとか、納期は「適当に合わせると言った」などでモメルからです。

発注請け登録

請け登録の際には、納期をキッチリ決めます。

発注請け登録子画面

 

■概要  発注伝票登録(都度購入、契約による繰返し購入)、承認から発注書送付、請け確認を行なう業務の流れです。
■ 内容説明 一般の販売管理では、発注処理は簡単な機能で、買掛発生時点である仕入れ伝票入力からを重視している傾向があります。 当システムの場合は、発注を強化することで、取引の明確化、支払業務の自動化を推進します。また、仕入れとせずに購買としているのは、商品仕入れだけでなく、原材料購買などにも利用可能になっているためです。
■ 特記事項 本機能は、東証2部化学製造業の原材料購買システムで利用している機能を反映しています。本システムで扱う業務の流れは各社異なります。本流れを確認しながら、各社に合わせる作業が必要になると思われます。

 

-->