受注画面

画面紹介

■画面 【一般受注画面】

一般受注画面

■概要  【一般とは】
受注画面の説明ですが、その前に「一般」と付けられている点について説明します。理由は、POSレジ画面と区別するためです。当社のPOSレジは高機能で、レジでありながら受注状態も管理できる様になっています。それでは、通常販売管理の受注なのか、POSレジ受注なのか分かりづらくなっていまします。通常販売管理の受注を受注と呼んでいます。
【概要】
「見積もり>受注>出荷>売上>債権管理」の流れの中での受注です。一般的な販売管理ですと見積り・受注から、売上転記ということになっていますが、「オンネット販売」では、受注から出荷を経て、売上計上する仕組みとなっています。ただ、これまでの導入例ですと受注と売上が同時という単純ケースが多いのも事実です。しかしながら単純ケースのみですと複雑な流れに対応できませんので、一通りの流れは持っているのです。
■ 内容説明 【項目説明】
一通りの項目は持っていると思います。項目の括りとしては、「得意先情報」「納入情報」「商品情報」「受注数量・金額」となります。特徴として商品ごとにリンクNOを持っています。通常はここにロットNOやシリアルNOが入ります。しかし、それ以外の情報もあります(相手先の指定NOとか)。特定できないのでリンクNOと呼んでいます。
【多彩な流れに対応】
画面右下にボタンが複数個あります。①「即出荷」②「即売上」③「自動引当」④「引当無し確定」です。不要なボタンは非表示で利用します。①は、受注と出荷までが同時の場合(売上計上は別途)、②は受注即売上の場合です。一般的な販売管理の転写機能です、③受注数量から在庫引当てまでを行なう場合、④は確定後、複雑引当てを行なう場合です。
■ 特記事項 【それでもカスタマイズ要請】
これだけの項目、受注から売上までの流れを管理していると、「本パッケージで直ぐに作業に適用できる」と思われる方が多いです。しかし、そんなことはありません。大抵の場合、会社ごとに流れと、管理項目は異なります。当社は「そのまま使って!」と希望していますが、難しいのが実情です。カスタマイズで対応しています。

 

-->