機械商社(山口県)【販売】【購買】【在庫】

■機械商社

■導入システム オンネット購買、オンネット販売、オンネット在庫
■お客様プロフィール 【業種】
商社(化学品、機械部品、その他資材の販売)
【売上規模】
30億円前後
【端末数】
30台前後
【導入形態】
当社>地元システム会社>最終ユーザの商流で導入。システムは、地元システム会社側のサーバで運用。サービスとして提供中。当社は技術提供。
【導入構成】
社内設置サーバ(Windows 2012)*構成図は製作中です。お待ちください(2015年6月11日)
 ■URL

■課題と効果

■課題 【課題1】現状システムからの切替え
旧システムはオフコンからインテルサーバに移行したものでした。そのシステムを「オンネット統合業務」に移行することで、機能を低下させずにトータルコストを抑制することでした。
【課題2】発注、購買の連動
地元の化学コンビナート各社に資材販売しています。その資材の多くは、受注時に発注するもので、受注-発注連携を便利にすることでした。
【課題3】複数の売上計上タイミングへの対応
①受注と売上が同時タイミング、②受注、出荷(検収基準を含む)、売上計上する、などに対応
【課題4】大手企業要請事項への対応
例えば、「発注書NOを納品書、請求書に記入して欲しい」などです。大手企業はコンピュータ化と業務効率化が進んでいます。対応する必要がありました。
【課題5】社員単位の貢献利益の可視化
受注の商品仕入れが、営業マンに完結(金額交渉)されている分掌のため、その貢献度が可視化される必要がありました。
■解決策 【課題1】旧システム(Windowsサーバ、数千万円規模)のシステムとの切替え。マスターをバッチ移行して実施。約1年を掛けて移行作業を実施。月額制により開発コストの抑制。

【課題2】受注データから発注データ連動を実施。受注と購買業務の連動を図りました

【課題5】商品登録時の原価が初期値として登録されていますが、売上計上時に柔軟に変更できるなど工夫しました。

(【課題5】について以下の対応も可能です。)
*売上明細1行に複数の原価登録が可能になりました。例えば、本体と設置工事とかです。
*購買の検収額連動も可能です。

■効果 ・月額制による初期導入コストの抑制
・データ連動の自動化(2重入力の排除)・得意先指示による、納品書、請求書への突合せ用データの埋め込みなどへの対応
・受注即売上、出荷後売上など複数の売上タイミングに対応
・DB項目開放により、システム機能拡張を実施(地元システム会社>最終ユーザで実施)

 

-->