オンネット販売

オンネット販売システム

オンネット販売

オンネット販売は、「オンネット統合業務」を構成する機能の内、一番最初に開発着手したシステムです。最初に導入したシステムは、10年以上となっていますが、現在も弊社で運用保守しています。

以来、他ユーザにも適用していますが、すべて運用保守を継続しています。この運用保守により、各ユーザからの「ご指摘事項の改善の繰り返し」が新たな商品バージョンになっています。

システムの稼働環境も大きく変化し、当初は、ユーザ側設置サーバであったものがクラウド環境になりました。クラウド環境になり、日本全国どこでもサポート可能になり、「オンネット統合業務」の位置制約がなくなりました。

化学メーカ、スポーツジム、医療機器販売など、利用は全国に広がっています。

システム範囲

●「オンネット販売」の機能関連図(図をクリックすると大きくなります)

システム機能の構成図を示します。これまで、経験した適用事例から、すべてを抽出したものです。ですので、会社ごとに、導入機能は、この部分集合となります。ここで、申し上げたいのは、販売機能は非常に多くの機能から成り立っています。

これら、すべての機能が異なる会社で同じであるハズがありません。販売システムの導入を考えるのであれば、「オンネット販売」の過去事例と照らして、差異分析をする必要があります。ですので、まずは、自社の販売管理業務機能がどうなっているかをこの図から確認して頂く必要があります。

 

●まず受注画面のご紹介(画面をクリックすると大画面になります)

販売業務の緒となる受注画面を最初にご紹介します。受注画面の項目が凡そ、システム全体の管理レベルを表していると思います。10年以上、「オンネット販売」の機能拡張を続けてまいりました。利用先は、スポーツジム関連、化学メーカ、医療機器販売、事務機販売などとなっています。その結果、販売業務の知識が、「オンネット販売」にプログラム、DB項目として蓄積されています。その一端を受注画面から汲み取って頂ければ、幸いです。

尚、説明画像に数字を表示してますが、後述する説明の中で対応させて頂きます。

「オンネット販売」は、見積・受注・出荷・売上計上・請求・入金・消込などの一覧処理の項目と機能を経験として持っています。この経験から差異分析をすれば、コスト抑制をしながら高機能な仕組みを構築することが出来ます。

詳細説明

●機能・画面説明書

「オンネット販売」の開発期間は15年を超えています。その間、利用者要望を取り入れ、高機能になっています。その内容を「考え方・機能・画面」の観点で、詳細にご説明する資料です。

<機能・画面説明書>