オンネット在庫

オンネット在庫システム

オンネット在庫システム

「オンネット在庫」は、「オンネット統合業務」の中にあって、POSレジ販売、出荷、発注・入庫、棚卸しなどの機能と連携しています。連携していても、入出庫伝票を介して連携する仕組みですので、「オンネット在庫」個別導入も可能ですし、お持ちの稼働中システムとの連動も可能です。

特長

 

  • 取引先情報との連携

取引先とは、得意先と発注先(仕入先)を指します。前者は、出荷伝票と後者は発注伝票として結びつきます。勿論、自社利用などで得意先が不要な場合もあります。通常、在庫管理システムはモノの数を合わせるシステムですから、これらは販売機能、購買機能で保持していれば足ります。しかし、「オンネット在庫」では、在庫管理単独でも機能するように入手庫画面で取引先を入力出来るようになっています。「面倒では」との声も聞こえて来そうですが、「オンネット販売」「オンネット購買」からの接続では、当然ながら連携されており、入力の必要はありません。

 

  • 多様な入出庫理由

入出庫理由とは、入庫、出庫別に、伝票入力種種類(画面、購買、販売などシステム名)別に伝票を区別するために設けています。例えば、入庫の場合ですと「サンプル入庫」「セット品入庫」「返品入庫」「通常入庫」などがあります。これらの入出庫理由は事業者ごとに異なることが予想されますので、事前設定できる仕組みとなっています。用途はいろいろ考えられますが、例えば最終仕入れ単価を求める場合、「通常入庫の最終伝票」と区別することができます。単純な仕組みですが、在庫データ利用の際に、区分に対応した処理に分岐する事が出来、非常に有効に機能します。

 

  • ハンディターミナルによるデータ入力

スマホ、タブレットの検品処理、棚卸し業務への適用について、ご要請をよく頂きます。事実、これらの機器が有効に機能する場面も広がっているのは事実です。しかしながら、従来からのハンディターミナル(バーコードリーダ+タッチパネル)も非常に機能が高度化しています。バーコードの視認性、速度、耐久性、コンパクト性、通信能力などが大きく進歩しています。「オンネット在庫」では、ハンディターミナルとクラウド側機能を直接利用(WEBサービス+サーバ側データ・機能)するなどして、高度な業務処理にも対応可能です。スマホ、タブレットについても業務要件(コスト、画面サイズ)によっては利用していますが、業務効率性は、ハンディターミナルに軍配が上がります。
また、市場では、高機能化したハンディターミナルに従来ハンディプログラム機能を装備しているものを多く見かけますが、当社では全面再構築で対応しています。

  • 他システムとの連携性

「オンネット在庫」は入庫伝票、出庫伝票で管理しています。これらの伝票を処理して月次在庫、現時点在庫を計算しています。例えば、セット商品の作成は、個別商品の出庫伝票が作成され、セット商品への入庫伝票が作成されるのです。同様に、在庫場所間振替も出庫伝票と入庫伝票を同時に作成する仕組みです。棚卸し補正データも同様です。このことは、他機能とは疎結合されていることになります。機能拡張する場合は、入庫伝票、出庫伝票に分解して作成すれば、在庫残高更新まで行なえることを意味します。事実、「オンネット販売」「オンネット購買」とは、この様な方式で結合されています。

 

  • 月次締め処理

「オンネット在庫」は、会計年月管理を行い、月次ごとに締め管理をしています。例えば、2014年8月では、7月末残(前月繰越)、8月入庫、8月出庫、8月調整、8月末残(次月繰越)を確定するのです。ですので、商品、在庫場所ごとに在庫推移が月次で追えることになります。また、締め後の前月訂正伝票は、現在の会計年月で処理されます。

その他機能への対応

これまで、「オンネット在庫」に以下のご要請がありました。これらについては、個別対応としていますが、基本機能として実装する取組みを行なっています。2018年12月現在、ほぼ項目実装は完了しています。ただ、その項目をどう使うかは、どうしても各社異なりますので微調整が必要です。その微調整が可能であることが本システムでの特徴でもあります。

  • ロット管理

「オンネット販売」(出庫)と「オンネット購買」(入庫)機能にはロットNOを管理する仕組みが既に実装されています。入出庫伝票登録画面への項目追加も完了しています。ロット番号(自社、相手側)、有効期限(賞味期限)、個体識別番号です。これらは商品マスタにより、利用可否をコントロールできます。

  • 予定情報

「オンネット販売」(出荷予定、引当)と「オンネット購買」(入庫予定)機能から入庫予定情報は取得できています。新たに手入力画面も準備しています。これらの情報はハンディターミナル連動(出荷、入庫データのリアルタイム収集)で効果が出るものと考えています。確保(受注とは結びついていないが、営業進捗上引当するもの)など、受注、購買と連動しないデータも考慮する必要があります。

  • 属性管理

「オンネット在庫」は棚卸しの単位であるSKU単位管理です。しかし、アパレルなどでサイズ、色、年式などで検索したいご要請があります。本件については個別対応となっています。

  • マイナス在庫検知

「マイナス在庫になるのはおかしい」という意見、「マイナス在庫を許容しないと業務が回らない(データ入力がリアルタイムにできない)」という意見があります。しかし、マイナス在庫は実際のモノでは表現できないことは確かです。従って、ある周期で在庫残高を確認し、一瞬でもマイナスデータを検知したら(現時点マイナスは、原因でない入庫データが入っても消えてしまうので)ワーニング情報として蓄積する仕組みを基本機能として検討しています。

  • 単位換算

「オンネット在庫」は棚卸しの単位であるSKU単位管理です。しかし、入出庫では、荷姿を考慮する必要があります。例えば、「箱で入力したら12本になる」といった具合です。マスター上では、荷姿(例えば箱)と入数(例えば12本)と管理しています。本件については、入出庫伝票での換算入力も可能になっています。荷姿による運賃自動計算のご要請もありました。

  • ロケーション(棚番)管理

ロケーションは、在庫場所コードの内訳で管理できると考えています。ただ、棚番項目も装備しています。棚番は、在庫場所―エリア―棚NO-列―段で管理可能です。また必要により、商品と主棚番を指定可能となっています。

  • 在庫状態管理

在庫管理状況とは、通常品、破損品など商品の状態を管理することを想定しています。「オンネット在庫」では、①入出庫理由で管理する。②在庫場所を別コードで作成。などで管理できると考えています。入出庫理由は、自由にコード登録できますので、システム運用上極めて便利です。